エコカラット

建材メーカーであるリクシルから発売されている内装用健康建材「エコカラット」
主な機能性は室内の湿度コントロール、空気中の有害物質吸着、空気浄化による匂いの軽減です。
湿度コントロール、日本には四季がありますので夏季の湿度過多には湿気を吸収、 冬季の乾燥期には湿気を放出します。
室内の空気浄化の必要性とは基本、室内の建材は概ねホルムアルデヒド等を含まない 材料で建設されておりますが皆様が外から持ち込まれる物に含まれている事が多いです。
目に見えない物質ですがエコカラットを貼る事により吸着し放出しないようにします。
アレルピュアシリーズでは環境アレルゲン抑制が可能となっています。

新築時の施工が一番お勧めです

エコカラット

特に新築のマンションには、お勧めです。
主に、マンションの構造体にはコンクリートが用いられています。
このコンクリートはケミカル(薬品)を添加する事によりスピーディに硬化し 建築基準内の強度が出ています。
ですが完全に硬化するまでには概ね10年程度の歳月を要します。(強度には関係ありません)
この10年程度の間に少しづつコンクリート内の水分を放出しています。
なのにも関わらず近年の新築マンションは「高気密・高断熱構造」になりますので 室内の湿気は籠りやすいのです。(カビの繁殖懸念があります)
そこに最適な建材なのがエコカラットなのです。
新たなエネルギーを必要とせず、半永久的な機能性を持ったタイル素材のエコカラット。
近年では多種多様のバリエーションがありますのでインテリア性も豊です。

素材や色のバリエーションも豊富でミラーコラボにも対応

エコカラット

バリエーション(グレード)は大きく3種類となります。
機能性も高くインテリア性も高級感のある「Gシリーズ」。
ベースグレードよりもチョットお洒落感のある「Sシリーズ」。
よりシンプルさを求めたベースグレードの「Fシリーズ」です。
お部屋のテイストや予算に合わせて選択可能です。
また、当店では専門職人による施工になりますのでデザイン貼りにも対応しています。
(デザインパッケージプランに無いものにも対応しています)

ミラーコラボ施工にも対応しておりミラーは別のミラー職人による施工です。
エコカラットのテイストや仕様により小口磨きや面取り加工のミラーで施工いたします。

タイル専門職人による施工と拘りの施工基準
エコカラット

新築マンションの施工に慣れている職人による施工です。
もちろん当店の店長が監理を行い、新築施工に相応しい床養生も施します。
単純に職人が施工する前に当店の店長が現地のサイズを確認して 適切なタイル割付になるように打ち合わせをしてから施工をスタートさせます。
ここが大切で最後の仕上がりが違います。

壁に塗布する接着剤の施工にも拘りがあります。
リクシルの推奨通り、クシ目の立つ金コテで塗りますが貼るエコカラットの 素材に合わせてコテの種類を変えています。
大判を貼る場合にはタイルの反りも考慮してクシ目の高いコテを選択、 グラナスルドラのような目地が多く広いものにはクシ目の低いものを選択します。
大判では圧着の際にキッチリ糊が潰れて接着するように、 目地の広い素材では目地から糊が見えたり、飛び出したりしないように選択しています。

エコカラット

エコカラットを貼る前の壁紙は状況に応じて剥がしたり、残したりします。
基本ビニールクロスになりますのでクロスの上から施工を行います。
良く知らずにパフォーマンスでクロスを剥がして施工する店を見受けますが、 一度貼ったクロスは上紙しか剥がせず下紙は残留します。
剥がしたと言いながら下紙の上に接着剤を塗布しますので糊の水分で下紙が浮いたりして キッチリ密着せずエコカラットが剥がれてくる事例を良く拝見します。
逆に剥がした方が良いクロスもあります。
表面に撥水加工を施してあるクロスは接着剤の密着が悪くなる懸念がありますので 既存のクロス(上紙)を剥がして施工する事もあります。
何でも決めつけるのではなく現場の状況を確認して最善な方法で施工する事がお勧めです。

安心の5年保証

エコカラットの施工には5年間の施工保証付きです。
詳しい保証内容は、公式ウェブサイトでご確認ください。

オーダー食器棚 フロアコーティング エコカラット バルコニータイル 内覧会同行検査 公式ウェブサイト お見積り 会社概要